床下の排水管からの水漏れの原因と対処法について

台所の流しの配管などに水漏れが起きると、床が水浸しになってしまうことがあります。床が水浸しになったまま放置すると、流し本体を痛めてしまいますし、近くにある電気製品を壊してしまう原因にもなります。流しの配管からの水漏れは、給水側と排水側とで原因が異なってきますので、まずは、どちらから水が漏れているのかを確認することが重要です。
このページでは、台所の流しの水漏れの原因と解決するための方法について紹介しています。

■給水側の水漏れの問題点について

給水側の水漏れが原因で流しの床が濡れている場合は、接続部分のパッキンの劣化が原因となっていることが多いです。これ以外の原因では、給水管が腐食していて穴が開いていたりして水が漏れるという場合もあります。
給水側の水が漏れていることの問題は、あるタイミングで大量の水が噴き出すことです。給水側は、水道の強い圧力がかかっていますので、何かをきっかけに症状が一気に悪化することもあります。とくにアパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる方は、階下の住居に損害を及ぼしてしまう可能性もゼロではありません。
水が漏れているのが給水側の場合は、できるだけ早めに専門の工事会社に見てもらうようにしてください。

■水漏れしているのが排水側の場合について

排水側のつなぎ目や配管などから水が漏れている場合は、コーキングの劣化が原因であることが多くなります。コーキングが劣化して排水管 水漏れしているときは、一度配管を分解してから組み直す修理をしなければなりません。
また、経年劣化で流し部分に穴が開いてしまうことで、水が漏れることもあります。流しに穴が開いてしまっている場合は、補修で対応できず、新しく流しを入れ替えることになるケースも発生します。
いずれの場合においても、排水側の水漏れは、衛生面での問題が大きくなります。洗い物をした水などが漏れていますので、悪臭などが発生しないうちに対処をするようにしましょう。

■まとめ
台所の流しの配管に水漏れがあり、床が水浸しになるトラブルが発生することもあります。水漏れをしてしまう原因は、パッキンという部品の劣化や給水管の老朽化などさまざまです。また、排水側から水が漏れている場合は、悪臭などが発生しないうちに早めに水道工事会社に連絡して直してもらう必要があります。1人で悩んでいても水の漏れが解決することはありませんので、早めに相談するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ