トイレ配管などからの水漏れの原因と対処法について

トイレの水漏れトラブルは、主に部品の劣化が原因となっています。トイレの便器が割れているのでなければ、トイレの交換までの工事になることは多くありません。まずは、水が漏れている箇所を特定して、漏れの原因が何かを理解することが重要です。このページでは、トイレの水漏れの箇所ごとの原因と解決方法について紹介しています。

■水が漏れている箇所を特定しよう!

まず始めに、トイレで水が漏れることが多い場所は、配管のつなぎ目や止水栓などです。手洗いの水が流れたままになったり、便器内の水が出たままになったりすることもあり、ウォシュレット部分からの水漏れなども発生します。また、便器のタンクが割れていて、そこから水が漏れているようなときは、トイレ本体の交換が必要になっていることが多くなります。
専門の工事会社に修理を依頼する場合でも、どの部分から水がどの程度出ているのかを伝えると、その後の工事がスムーズになりますので、まずは、漏れている箇所をしっかりと確認するようにしてください。

■トイレは水が漏れる原因について

配管のつなぎ目や止水栓からの水漏れは、つなぎ目からの水漏れを防ぐためにあるシール材の劣化が原因であることが多くなります。新しいシールテープで配管を組み直すだけなので、修理費用が高額になることはありません。
次に、手洗いの水が止まらない、あるいは便器の水が止まらない症状の場合は、トイレのタンク内の部品が摩耗している可能性が高くなります。いずれの場合も消耗部品を交換するだけで直りますので、大掛かりな工事となることはないでしょう。
これらの水漏れ修理をする部品は、ホームセンターでも売られています。ホームセンターで部品を購入して自分で修理をすれば、1,000円から2,000円程度で直せます。
ただし、単純な部品の交換作業といっても、トイレのタンク内は思いのほか複雑な構造をしていますし、配管の組み直しも慣れていないと難しいと感じることが多くなります。無理をして症状を悪化させるよりも、まずはプロの修理会社に相談して見積もりを出してもらうことをおすすめします。

■まとめ
トイレの水漏れは、プロの工事会社に依頼すれば、思いのほか簡単に治してもらえます。トイレの交換をするのでなければ、大掛かりな工事となるわけでもありません。また、修理費用について気になる方もいるでしょうが、費用の相談もしてもらえますので、まずはプロの水道会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ