屋外の水漏れで蛇口を交換する際の手順

屋外に設置されている立水栓や水栓柱は、日差しや風雨にさらされているので傷みやすくなっています。水道の蛇口から水漏れをしている場合は、立水栓や水栓柱そのものを交換した方が良い場合もあります。
このページでは、屋外水道の蛇口 交換のノウハウについて説明しています。専門会社に依頼する場合も同じような作業手順になりますので、参考にしてみてください。

■はじめに立水栓や水栓柱を購入

まず始めに、屋外水道の蛇口 交換をする場合は、新しい水栓を購入することになります。最寄りのホームセンターや金物屋さんで取扱がある場合がありますが、インターネット通販ならバリエーション豊かな商品から選ぶことができます。
屋外水道の水栓を交換するだけで、庭の印象が大きく変わることもあります。庭の印象がどう変わるか、機能はどう向上するかについては、水周りの水道工事業者に相談すれば、プロの視点でさまざまな提案をしてくれます。自分に合った商品を提案してくれることもあるので、一度、相談してみてはいかがでしょうか。

蛇口 交換作業の流れ

屋外の水栓を交換する場合は、はじめに水道の元栓を締めます。水道の元栓を締めずに古い水栓の取り外し作業をしてしまうと、水が噴き出してしまいます。水道の元栓が締まっていることを確認したら、古い蛇口を時計と反対方向に回転させて取り外します。ここで、硬くて取り外しができない場合は、プライヤーなどの掴む工具を使って取り外すことになります。
古い蛇口の取り外しが完了したら、配管のネジ部分をワイヤーブラシなどで丁寧にゴミを取り除きます。接続部分がきれいになったら、いよいよ新しいものを取り付けます。取り付けの際には、シールテープをねじ山に巻くなどして、水漏れの対策も忘れないようにしてください。
最後に水道の元栓を開けて、水の漏れがなければ作業の完了です。もし、蛇口の接続部分などから水が漏れるようであれば、もう一度取り外してシールテープを確実に巻き直してみてください。

■まとめ
屋外水道の蛇口の交換は、DIYですることも不可能ではありませんが、水周りの水道工事業者に相談すれば、自分に合った水栓をプロの視点から提案してくれます。蛇口の交換をする場合は、はじめに水道の元栓を閉めてから、取り外しと取り付けの作業を行います。配管のネジ部分をワイヤーブラシ等で丁寧に掃除をするなど、作業にはいくつかのポイントがあります。もし、交換作業に自信がなかったり、専用工具が揃っていないときは、水まわりの専門会社に相談して、交換をしてもらうのがおすすめです。まずは、見積もりを出してもらってみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ