水道の水漏れトラブルが発生したときの修理の基本

水道の水漏れトラブルが発生したときの修理の基本 水道の蛇口などから水漏れのトラブルが発生した場合は、できるだけ早く修理会社に連絡をすることが重要です。近所の水道屋さんは24時間いつでも出動できる体制にあるのではなく、混雑しているときに翌日以降の対応となってしまうこともありますが、水のトラブルは時間を問わず発生する可能性があります。そのためまずは、症状の概要を確認して、水の漏れを止める応急処置を行います。応急処置が済んだら、修理会社に任せるだけで解決できますが、その際は24時間営業の修理会社なら夜間や週末でも水道の水漏れトラブルに対応してもらえることが多く、修理会社がお休みで困るということが少なくなっています。そのため、インターネットのサービスを利用して、週末や夜間でも訪問してくれる会社を探してみるのがおすすめです。
このページでは、水の漏れトラブルが発生したときに解決に必要な情報についてまとめています。修理会社の探し方についての説明もありますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

■まずは水漏れの応急処置をしよう

水の漏れている量が多いときは、まずは、水の漏れを止めることを優先します。家庭の水道には、水の漏れを止めるための止水栓や水道の元栓が備え付けられていますので、それを閉めることにより漏れを止めることができます。キッチンや洗面所の水道から水が漏れている場合は、蛇口の下あたりに止水栓を見つけることができます。トイレの水漏れなら、止水栓は、給水パイプに取り付けられていることが多くなります。もし、どうしても止水栓を見つけることができないときは、住宅全体の水の流れを止める水道の元栓を締めるようにしてください。

■水漏れの症状について確認!
次に、修理会社に依頼をするために、症状について確認します。水道のどの部分から水が漏れているのか、水漏れの程度はじんわりと滲み出てくる程度なのか、それとも水があふれ出しているのかといったことを整理して、まとめていきます。
水道の症状についての確認が必要になる理由は、修理会社にトラブルの状況を分かりやすく説明するためです。水漏れのトラブルがどこでどのように発生しているのかイメージすることができれば、修理に必要な工具や部品を用意してから訪問できます。
現場で行う修理についてもあらかじめイメージできるようになるので、スムーズに修理を始めることも可能になります。修理会社に説明する水トラブルの症状について整理しておけば、スムーズな解決につながります。

■水漏れの修理会社に連絡する

水トラブルの症状について整理ができたら、あとは修理会社に連絡するだけです。修理会社は、市区町村役場の窓口などで紹介してもらうこともできますが、自治体の対応時間外にトラブルが発生した場合は対応に時間がかかってしまうため、24時間依頼できるところを見つけておくといいでしょう。
この方法なら、連絡をすれば迅速に自宅に駆け付けてくれますし、すぐにトラブルを解決することができます。
また、インターネットを使えば、水トラブルの修理費用についてもある程度の目安が分かります。工事や修理にいくらかかり、どういう流れで修理が進むのかが分かれば、安心して依頼や相談できるようになります。

■まとめ
水漏れのトラブルが発生したときに動揺してしまうことがありますが、水道 修理のプロである修理会社に相談すれば、トラブルは解決します。まず水の漏れがひどいときは、止水栓や元栓を締めて水の漏れを止めてください。応急処置が済んだら、トラブルが発生した水漏れの状況について整理し、その内容を修理会社に連絡します。その後、修理会社のスタッフに現場を確認してもらい、水道の修理をしてもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース